食料自給率 23年ぶりの低水準

08/09 19:23
2016年度の食料自給率は、過去2番目に低い水準だった。
農林水産省によると、国内の食料をどのくらい国産のものでまかなえるかを示す食料自給率は、2016年度はカロリーベースで38%と、記録的な冷夏で米が不作だった1993年度に次ぐ低い水準だった。
米の消費が減り、さらに2016年の台風の影響で、北海道の小麦やテンサイが不作だったことが主な要因。
政府は、2025年度までに自給率45%を目指しているが、達成は遠のいた形。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム