ことし一番の暑さ 真夏の夜に人々は...

08/10 00:14
9日の日中は、息苦しくなるような暑さだった。9日夜も、寝苦しい夜になるとみられる。
人々が涼を求めて集まっていたのは、ナイトプール。
プールに入ったり、写真を撮ったりと、特別な夜の空間を満喫していた。
ナイトプールを楽しむ人は、「大学生活最後なので、記念になる写真を撮れたらいいなって」、「海とか普通のプールじゃ味わえない空間を、楽しみに来てます」などと話した。
夜になり、日中より気温は下がったが、湿気が多く、ムシムシとしたまま。
9日は、関東を中心に、2017年一番の暑さを記録した。
東京都心では、正午すぎに最高気温37.1度となり、2017年最高を記録。
都内では、少なくとも122人が熱中症で搬送され、うち5人が重症となっている。
全国で最も暑かったのは、最高気温38.8度を記録した、群馬・館林市。
館林駅に設置された温度計は午後1時、40度を指していた。
街行く人々も足を止めて、この気温表示にカメラを向けていた。
アイスを食べる男性は、どこか涼しげだったが。
街では「すごく暑くて、死にそうです」との声が聞かれた。
最高気温32.1度を記録した、静岡・東伊豆町にある動植物園では、レッサーパンダが木の上でぐったり。
来園者は「人間も暑いんで、毛むくじゃらのレッサーパンダは、もっと暑いと思います」と話した。
全国66地点で、最高気温が35度を超えた日本列島。
台風が残した熱帯の空気があるところに、強い日差しが照りつけ、そこに北西寄りの風が山を越えて、暖かい風となって吹き降ろす「フェーン現象」も加わり、猛烈な暑さとなった。
熱帯夜が予想される中、午後8時半ごろ、都内のビアガーデンでは、暑い真夏の夜に、喉を潤す人々の姿があった。
利用者は、「暑いっす。でも、うまいっす」、「帰るまでは我慢しますけど、家帰ったら、冷房ガンガンかけて寝ます」などと話した。
9日夜は、西日本、東日本では、あまり気温が下がらないため、夜間も熱中症に注意が必要となる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム