トランプ大統領元選対幹部宅捜索

08/10 18:23
いわゆる「ロシア・ゲート」で、FBI(連邦捜査局)がトランプ陣営の元幹部の自宅を家宅捜索していたことがわかった。
アメリカのワシントン・ポスト紙は9日、ロシア疑惑を捜査するFBIの捜査官が、ワシントン郊外のマナフォート氏の自宅を、7月26日未明、家宅捜索していたと伝えた。
また、FBIの捜索は、マナフォート氏の外国との取引記録などの関係書類を押収するためだったとの報道もある。
マナフォート氏は、2016年の大統領選で、一時、トランプ陣営の選対本部長を務め、2016年6月には、トランプ大統領の長男・ジュニア氏とロシア人弁護士との会合に同席していた。
FBIが、予告なしで深夜の家宅捜索に踏み切ったことは、トランプ陣営の中枢への捜査が本格化していることの表れといえる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム