蓮舫代表、最後の記者会見

08/10 22:19
民進党の蓮舫代表は10日、代表として最後の記者会見に臨み、代表を務めた1年を振り返り、「安倍内閣の信頼が揺らぐ1年だった」と語った。
蓮舫代表は「1年近く代表を務めさせていただいて、国会あるいは安倍内閣の信頼が揺らぐ1年だったと思っている。きょうは、去っていく会見なので、多くは語らない。1年間ありがとうございました」と述べた。
この中で蓮舫氏は、引き続き、安倍首相や稲田元防衛相らの国会への出席を求めていくと述べ、安倍政権を追及する姿勢を強調した。
さらに自身の功績については、「総選挙にいつでも臨める態勢、そのための仕事はさせてもらった」と述べた。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム