サニブラウン7位...太もも裏痛め

08/11 13:25
サニブラウン・ハキーム選手(18)が、決勝の舞台に挑んだ。
陸上の世界選手権、男子200メートルで、大会史上最年少での決勝進出を果たしたサニブラウン選手は、レース前半、先頭争いを繰り広げる力走を見せた。
しかし、後半に入ると、太ももの裏を痛めてしまい、徐々に失速。
目標としていたメダルには届かず、7位に終わった。
サニブラウン選手は「非常に悔しいですね。あそこ(残り100メートル)からもう一段階上げていれば、本当にメダルに食い込めたんじゃないかっていう。前半もいい具合で入れたと思うので、悔しいですね」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム