米 中国へ「圧力」強める

08/13 17:41
アメリカのトランプ政権は、中国に対して、知的財産権侵害などへの制裁を可能にする手続きに入ると明らかにした。北朝鮮との緊張が日に日に強まる中、中国がさらに働きかけを強めるよう、圧力をかける狙いがあるとみられる。
ホワイトハウス高官は12日、中国による知的財産権侵害は、「アメリカ企業に損害を及ぼしているだけでなく、安全保障の脅威にもなっている」として、対応策を検討する意向を明らかにした。
トランプ大統領は14日、関税の引き上げなど、一方的な制裁措置を発動できる通商法301条の適用を視野に入れた調査に入る大統領令に署名する意向。
北朝鮮問題で協力を引き出すために、中国への圧力を強める狙いがあるとみられるが、米中の経済摩擦が、いっそう高まることが予想される。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム