米朝緊張 欧州からも自制求める声

08/13 18:50
自制を求める声が、ヨーロッパからも高まっている。
アメリカと北朝鮮が、互いを威嚇しあう状況が続く中、フランスのマクロン大統領は12日、同盟国であるアメリカや日本を支持する声明を発表した。
そのうえで、「緊張が高まらないようにする責任は、各国にある」と呼びかけている。
また、イギリスのジョンソン外相も、ツイッターで「北朝鮮が挑発的な言動をやめるよう、国際社会が力を合わせなければならない」としたうえで、「この危機を外交的解決に導くために、アメリカや同盟国と連携している」とコメントした。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム