「浅草サンバ」支えた外国人留学生

08/28 13:34
東京の夏を盛り上げる、浅草サンバカーニバル。そのお祭りを陰で支えた、ある外国人留学生を取材しました。

およそ50万人が来場した、浅草サンバカーニバル。
華やかな祭りを陰で支えたのは、台湾からの留学生・楊鈞庭さん。
楊さんは、外国人観光客の助けになりたいと、消防活動などの支援を行う東京消防庁の災害時支援ボランティアに登録した。

楊さん「こちらも持ちますね。大丈夫ですよ」、「みんながここで止まっているのは、(カーニバルで)向こうへは通行止めになっているから」
観光客「きょうだけ?」
楊さん「そうです。きょうの午後6時までです」
楊さん「きょうはイベントもあるから、すごく道が乱れているんですよね」

楊さんは、消防の支援だけではなく、迷った外国人観光客の道案内にも一役買った。
現在、災害時支援ボランティアに登録している留学生は、浅草だけで15人いるが、東京消防庁は、2020年の東京オリンピックまでにさらに増員し、外国人観光客の安全確保に対応する方針。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム