入院患者や病院職員がO157感染

09/08 21:16
患者ら3人が、O157に感染した。
東京・昭島市の東京西徳洲会病院によると、8月末、70代から80代の入院患者2人と、病院内の食堂で働く職員1人の、あわせて3人から、O157が検出された。
患者は全員、回復に向かっているという。
立川保健所は8日、病院に2回目の立ち入り調査に入った。
食堂の1週間分の献立の食材などを調べたが、感染源は見つからなかったということで、病院側は「院内感染は考えにくい」と話している。
O157の感染は、全国で広がっていて、東京都は、食品の取り扱いや、2次感染に注意を呼びかけている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム