「目黒のさんま祭り」大にぎわい

09/10 18:30
2017年で22回目となる、東京「目黒のさんま祭り」。
サンマ不漁の2017年も、多くの人でにぎわった。
東京・目黒駅前にできた長蛇の列。
お目当ては、秋の味覚を無料で一足先に食べられる「サンマ」。
2017年で、22回目を迎える、東京「目黒のさんま祭り」では、例年、岩手・宮古市で水揚げされたサンマが振る舞われているが、2017年は、台風の影響などで不漁のため、北海道・根室から7,000匹が届けられたという。
運営者・口町茂昭さんは「(ことしのサンマは)小ぶりだけど、味は大丈夫みたいです」と話した。
訪れた人は「はらわたのところが、こんなにおいしいのは初めて。おいしい以外、何も言葉が出ないです」、「おいしい」などと話した。
また、22年間訪れている人は「朝4時から、並んできました。最高においしいです」と話した。
訪れた人たちは、焼きたての秋の味覚を堪能したようだった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム