11日の東京株式市場 大幅反発、270円高

09/11 16:16
11日の東京株式市場は、北朝鮮をめぐる地政学リスクから先週に値下がりしていた反動などから、買いが優勢となり、日経平均株価は、大幅反発した。
11日の東京市場は、外国為替市場での円高一服や、先週、北朝鮮をめぐるリスクから値下がりした反動などで買い注文が優勢となり、平均株価は大幅反発し、300円近い上げ幅となった。
終値は、先週末に比べ、270円95銭高い、1万9,545円77銭、TOPIX(東証株価指数)は、1,612.26だった。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム