核開発継続と表明 猪木議員に

09/11 20:31
北朝鮮を訪問していた、アントニオ猪木参議院議員は、平壌(ピョンヤン)で会談した、朝鮮労働党の国際部門トップが、核開発を続ける方針を示していたことを明らかにした。
アントニオ猪木参院議員は「(北朝鮮側は核・ミサイル)開発は続けますと。どこまでやるんですかと(聞いたら)、これはこれからいろいろな情勢がありますので、われわれは、最後の目標までは頑張ります、みたいな。あまり頑張ってもらっちゃ困るけど」と述べた。
北朝鮮を訪問していた猪木議員は、経由地の中国・北京の空港で、記者団の取材に応じた。
この中で、猪木議員は8日、平壌で、朝鮮労働党の国際部門を統括する、李洙ヨン(リ・スヨン、ヨンは、土へんに庸)副委員長と会談した際、李氏が、北朝鮮が核・ミサイルの開発を続ける考えを示していたと明らかにした。
猪木議員は、北朝鮮が「建国記念日」とする9日に合わせ、スポーツ交流などを目的に訪問していた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム