ペルー政府 北朝鮮大使を国外追放へ

09/12 17:49
ペルー政府は11日、北朝鮮大使を5日以内に国外追放処分にすると発表した。
ペルー政府は11日、リマに駐在する北朝鮮のキム・ハクチョル大使を、国際条約で規定されている「ペルソナ・ノン・グラータ」 = 「好ましくない人物」に指定し、追放すると発表した。
ペルー政府は声明で、核実験やミサイル発射を続ける北朝鮮について、「東アジアだけでなく、世界の安定にとって脅威となっている」と非難している。
同様の措置は、すでにメキシコも取っていて、「国交断絶」を求めるアメリカの呼びかけに、中南米諸国が次々と応じている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム