曽我 ひとみさんの手紙 全文

09/12 20:36
小泉訪朝、5人の拉致被害者の帰国から、まもなく15年。その1人、曽我 ひとみさん(58)が、FNNの取材に手紙で回答を寄せ、当時の思いや、いまだ帰国がかなわない母・ミヨシさんへの思いを明かしました。

曽我 ひとみさんの手紙 全文

フジテレビからの質問は、以下の通り。

(1)曽我さんが帰国されてから15年の月日がたちました。この間、生活面、お仕事の面で、それぞれ何か変化はありましたか? また、曽我さんにとって、どういう15年だったのでしょうか。
(2)美花さん、ブリンダさんは日本の生活には慣れましたか? 日々の生活やお仕事の様子など、差し支えない範囲で教えてください。2人が帰国してから13年間の生活を、母親としてどのように見て、支えてきましたか?
(3)ジェンキンスさんは佐渡の生活に慣れましたか? 現在のご様子を教えてください。
(4)日朝首脳会談から15年、両国の交渉が遅々として進まない現状についてはどのように感じていますか? また、政府には何を求めますか?
(5)お母さまのミヨシさんをはじめ、拉致被害者救出のために、今後はどのような活動をしていきますか?
(6)お母さま、ミヨシさんへの思いを教えてください。お母さまにはどのような言葉を送りたいですか?

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム