決戦終え帰国 注目の進路は...

09/12 21:27
野球の18歳以下、日本代表が、ワールドカップを終え帰国。注目は、主将の清宮 幸太郎選手(18)の進路。怪物の次の1歩は、プロ入りか、大学進学か。
長旅の疲れも見せず、出迎えたファンに笑顔で応えた18歳以下の日本代表選手たち。
悲願の金メダル獲得はならなかったが、銅メダルを胸に、堂々の帰国。
気になるのは、やはり、今後の進路のこと。
代表のチームメートだった中村奨成選手や、安田尚憲選手らは、プロ入りの意向だということだが、清宮選手は、「まだ、大学かプロか決めていないので...。どういう形であれ、(U-18W杯)2回で届かなかった世界一を、もう1回(日本代表として)取りに行きたい」と語った。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム