「朝鮮学校無償化」元生徒側の請求棄却

09/13 21:59
朝鮮学校を授業料無償化の対象から外したのは違法だと主張し、元生徒が国に損害賠償を求めた裁判で、東京地裁は、元生徒側の訴えを退けた。
元生徒62人は、高校の授業料無償化の対象から朝鮮学校を除外したのは、「拉致問題など政治的な理由によるもので違法」と主張し、1人あたり10万円の賠償を国に求めている。
東京地裁は判決で、「政治的外交的理由から対象外にしたとは認められず、当時の文科相の判断を不合理ということはできない」と判断し、元生徒側の請求を棄却した。
原告の男性は「敗訴という結果が出ましたが、自分たちの権利を勝ち取るため、最後まで闘い抜きます」と話した。
朝鮮学校の無償化をめぐっては、広島地裁で学校側敗訴の一方、大阪地裁では学校側が勝訴するなど、判断が分かれている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム