「日本を核弾頭で沈める」

09/14 18:38
北朝鮮のどう喝は、日本に向けられた。「日本列島を核爆弾で海に沈めるべきだ」。これが、その脅し文句だった。

「われわれの大陸間弾道ミサイルを見ても、まだ目を覚まさず、間違った行動をしている」

国連安保理の制裁決議に反発し、日本を非難する声明を伝えた北朝鮮メディア。
さらに強い表現で「日本列島の4つの島を核爆弾で海の底に沈めるべき」と威嚇した。
また、制裁決議自体を、卑劣な国家テロ犯罪とし、市民や軍隊が「報復の一念に燃えている」などとどう喝している。
こうした中、拉致被害者・横田 めぐみさんの弟、拓也さんは13日、訪問先の首都ワシントンでの講演で、北朝鮮への対応について「北朝鮮と交渉するときは、ソフトなアプローチでは全く解決に進まない。圧力を持って臨むことこそが、解決につながると考えている」と述べた。
また、拓也さんは、拉致問題の早期解決に向けて、北朝鮮をテロ支援国家に再指定するために全力を尽くしてほしいと、アメリカ側に協力を求めている。
拓也さんは「アメリカは過去に北朝鮮をテロ支援国に指定していたが、解除してしまった。このことが北朝鮮を暴発させてしまった、もしくは時間稼ぎのために、核開発を許してしまったことは否めないと思う」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム