韓国「北」支援に菅長官、自制促す

09/14 19:00
韓国政府が、北朝鮮に対する人道支援を検討していることについて、菅官房長官は、「北朝鮮に対する圧力を損ないかねない行動は避ける必要がある」と、自制を促した。
菅官房長官は「今は、対話の局面ではなく、国際社会全体で、北朝鮮に対して最大限の圧力をかけ、北朝鮮の政策を変えること。ここは、必要不可欠だ」と述べた。
菅官房長官は、新たに採択された国連安保理決議などを念頭に、「国際社会で結束をして、北朝鮮に対して明確な意思を示す中で、北朝鮮に対する圧力を損ないかねない行動は避ける必要がある」と、韓国側に自制を求めた。
そのうえで、「アメリカや韓国を初めとする関係国と緊密に連携しながら、北朝鮮に対し、具体的な行動を取るよう強く求めている」と述べ、圧力をかけ続けていく方針の必要性をあらためて強調した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム