「ネット情報」めぐり、BPO委員長が談話

09/14 19:21
BPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理検証委員会は、フジテレビの2つの番組「ワイドナショー」と「ノンストップ!」が、インターネット上の情報の真偽を十分確かめず、事実と異なる放送をしたことを受けて、委員長談話を発表した。
談話では、番組制作でインターネット情報の利用は避けられないが、制作現場の担当者は、その情報が正しいかどうかを見極めるため、注意して考える習慣を身につける必要があるとしている。
また、締め切り時間に追われても、疑問が生じたときは、疑いが解消するまで放送するべきではないと声を上げる強さを、制作現場は持つべきだと指摘した。

フジテレビは、今回の談話を非常に重く受け止めており、全社で共有して、再発防止に努めてまいります。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム