「首相 9条改正提案」に石破氏異論

09/14 19:54
自民党の石破元幹事長は、安倍首相が憲法改正について憲法9条の改正を提案していることについて、あらためて異論を述べた。
自民・石破元幹事長は「(安倍首相が)説明も全くしないで、1項・2項そのままで3項をつけ加えるという議論は、どう考えても党内民主主義としてもおかしい」と述べた。
石破氏は14日、憲法9条改正について、安倍首相が2017年5月に示した「9条の1項・2項を維持したうえで自衛隊の存在を規定する」との考えについて、自民党内で説明のないまま議論が進められることに疑問を示した。
そのうえで、2012年に自民党がまとめた憲法改正草案に沿い、「戦力の不保持などを規定した9条2項の改正をすべきだ」との考えをあらためて示した。
また、石破氏は「かつての自民党は、徹夜の議論を何度もやっていた」と述べ、自民党の憲法草案を変える場合には、あらためて丁寧な議論が必要だとの立場を示した。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム