「年金支給漏れ」で20日閉会中審査

09/14 20:56
過去最大規模となる年金の支給漏れ発覚を受けて、民進党は自民党に対し、国会での議論を行うよう求め、両党は、20日に閉会中審査を行うことで合意した。
民進・松野国対委員長は「これだけ多くの被害者がいるので、きっちり政府からいろんなことを聞きたい」と述べた。
民進党の松野国対委員長は14日午後、自民党の森山国対委員長と会談し、1991年以降、およそ10万人に対し、過去最高の598億円の年金の支給漏れがあった問題で、国会の閉会中審査を行うよう求めた。
これを受けて行われた2度目の会談で、両氏は、20日に厚生労働相が出席する閉中審査を行うことで合意した。
また、民進党が開いた関係省庁へのヒアリングでは、支給漏れを把握するまでに時間がかかったことへの批判が上がり、山井国対委員長代行は、「第2の消えた年金問題と言えるかもしれない」として、政府を追及する姿勢。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース
ユアタイム