日本の食品輸出へ初のEXPO

10/11 13:26
和食ブームを背景に、日本の食品を求めて、世界中からバイヤーが集まる初の展示会が始まった。
バスから続々と降りてきたのは、66の国と地域から来日した1,400人のバイヤーたち。
迎えるのは、日本の食品を扱うおよそ300社で、商品を試食しながら、商談が進められる。
近畿大学が完全養殖に成功したクロマグロのブースには、早速、バイヤーが訪れていた。
台湾から来たバイヤーは、「マグロはやさしい味で驚いたわ。きょうは担当者の熱意を感じられた」と話した。
豆腐のブースでは、オリーブオイルをかけた商品など、さまざまなタイプを試食する姿が見られた。
韓国から来たバイヤーは、「日本の豆腐と韓国の豆腐は、少し違う。シンプルでおいしい」と語った。
食品輸出のための展示会は初めてで、3日間の会期中、活発な商談が進められる。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース