カリフォルニア山火事 23人死亡、2万人以上避難

10/12 16:38
アメリカ西部カリフォルニア州の山火事の被害は拡大し、これまでに23人が死亡した。
カリフォルニア州の各地で、8日から発生している大規模な山火事は拡大を続け、これまでに東京23区の面積を上回る、およそ690平方kmが焼け、3,500棟以上の建物が被害を受け、2万人以上が避難している。
特に大きな被害が出ているワイン産地のナパ郡やソノマ郡などでは、ワイナリーや住宅街にも延焼し、死者はこれまでに23人にのぼっている。
ソノマ郡では、285人の住民の所在が確認できていない。
また、およそ5万人が、電力の供給がない状況での生活を余儀なくされている。
昼夜を問わない消火活動が続いているが、乾燥した風が強まって、火の勢いが強まるおそれもあり、収まるめどはたっていない。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース