「眼鏡が似合う人」 高橋一生、土屋太鳳も

10/12 18:58
11日夜、眼鏡が似合う著名人に贈られる「第30回 日本メガネベストドレッサー賞」の授賞式が行われた。
「眼鏡は、心強い相棒です。本当の意味で眼鏡が似合うためには、眼鏡に負けない、人としての魅力が大切なのかなと感じています」と話すのは、丸い眼鏡でおしゃれに決めた、土屋太鳳さん(22)。
12日の美脚に、11日の眼鏡と、2日連続の受賞となった。
芸能界の男性部門には、今、最も旬な俳優の高橋一生さん(36)が受賞した。
この日は、計7種類のさまざまなタイプのメガネ姿を披露した高橋さんだったが...。
高橋さんは「受賞できたことを、とてもうれしく思っています。とてもうれしく思っているんですが、僕は、視力が両目2.0です」と話した。
視力はいいものの、目の保護のためにも、普段から眼鏡を愛用しているという。
そして、文化界部門を受賞した、脚本家・宮藤 官九郎さん(47)は、眼鏡がトレードマークのあのお笑いコンビからクレームを受けたという。
宮藤さんは「『メガネベストドレッサー賞というのをいただくことになりました』と、おぎやはぎさんに言ったら、『納得いかない!』と言われまして。そりゃそうだよなって...」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース