2017年産ワインに大打撃 米・山火事

10/13 12:25
アメリカ・カリフォルニア州の大規模な山火事は、日本時間13日午前11時半現在も拡大を続けていて、ワインの生産地にも、さらなる被害が出ている。
カリフォルニア州北部のソノマ郡では、ワインの醸造所やレストランが全焼し、2017年製造したワインの大半が失われた。
ワイナリー経営者は「ここでワインを造っていた。2017年のビンテージワインを造っていたが、8,000から9,000ケース(およそ10万本)がなくなった。時間はかかるが、再建して、よりよくするよ」と話した。
8日から続く山火事では、これまでに31人が死亡し、住宅などおよそ3,500棟が被害を受けている。
現在も22カ所で火災が続き、消火活動が行われているが、収束の兆しは見えていない。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース