金井宇宙飛行士「最終訓練」を公開

10/13 12:42
2017年12月から、国際宇宙ステーションに長期滞在予定の金井宣茂(のりしげ)宇宙飛行士が、アメリカ・ヒューストンで、打ち上げに向けた最終的な訓練の様子を、報道陣に公開した。
ヒューストンでの最終訓練となった今回は、1つ1つの手順を確認する形で行われている。
訓練は、宇宙ステーションで有害物質が漏れ出したとの想定のほか、ステーション内の圧力低下など緊急時の対処法を、ほかのクルーと確認しながら進められた。
また、金井飛行士は、補給船をロボットアームでつかむ訓練の最終確認も実施した。
金井飛行士は「非常に良いコミュニケーションと、良い雰囲気で、お互いの協力態勢を確認できたので、そういう点では素晴らしい訓練をすることができた。打ち上げに向けて、いよいよ準備が整ってきたという、そういう気持ちでいる」と話した。
金井さんは、12月中旬にソユーズ宇宙船でカザフスタンから出発し、国際宇宙ステーションにおよそ半年間滞在する予定となっている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース