米ユネスコ脱退表明

10/13 17:44
アメリカがユネスコを脱退すると発表した。
アメリカ国務省は、12日、ユネスコ(国連教育科学文化機関)から脱退すると発表した。
組織改革の必要性や、ユネスコの反イスラエル的な姿勢に懸念を示すためなどとしている。
脱退時期は2018年末で、その後は、オブザーバーとして関与するとしている。
また、イスラエルのネタニヤフ首相も脱退の意向を表明し、アメリカの決断を「勇敢で道徳的だ」と称賛した。
アメリカの脱退を受け、ユネスコのボコバ事務局長は、「遺憾に思う」と声明を出した。
ユネスコは2016年、世界遺産「エルサレムの旧市街とその城壁群」の保護に関する決議を採択したが、聖地がユダヤ名で表記されなかったことから、イスラエルが強く抗議していた。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース