中国を名指しで強く批判

10/19 17:47
中国を、名指しで強く批判した。
アメリカのティラーソン国務長官は「南シナ海における中国の挑発的行動は、アメリカやインドが支持する国際法や規範に挑むものだ」と述べた。
アメリカのティラーソン国務長官は18日、来週のインド訪問を前にワシントンで講演し、中国について、「われわれは、建設的な関係を求めているが、近隣諸国の主権を侵害する中国の秩序への挑戦にひるむことはない」と名指しで批判した。
インドとの関係を強調することで、中国をけん制する狙い。
また、中国が海外へインフラ投資を行う際、大量の労働者も送り込み、その国の雇用創出につながらないとして、「搾取経済」だと指摘した。
一方、「トランプ政権は、インドとの関係を劇的に深める」と述べたうえで、日米とインドによる合同海上軍事演習に、今後、オーストラリアも加えて連携する意向を示した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース