朝の通勤ラッシュ大混乱 約14万人に影響

10/19 18:08
東京の朝通勤ラッシュのタイミングで停電により電車がストップ。大混乱となった。
暗がりの中、戸惑いながら歩く多くの人たち。
撮影されたのは、東京・世田谷区にある東急田園都市線、三軒茶屋駅のホーム。
19日朝、東急田園都市線の三軒茶屋駅構内で停電が発生し、渋谷駅と中央林間駅の間の全線で運転を見合わせた。
三軒茶屋駅利用者は、「何だろうと思って、停電だったって感じ」、「早く復旧してほしいです」などと話した。
三軒茶屋駅では、体調不良を訴えて救急車で運ばれる人が出るなど、朝の通勤時間が大混乱となった。
東急田園都市線、三軒茶屋駅で停電が起きたのは、通勤時間帯の午前9時6分。
東急田園都市線と東急大井町線の全線で、運転を見合わせた。
三軒茶屋駅利用者は「どうしようかなと思って。会社に行くので」、「もう遅れてます、30分」、「もう間に合わないから、きょうは欠席だなって。1レッスン3,000円の講座をふいにしました」などと話した。
この停電の影響で、沿線の桜新町駅では、雨の中、振り替え輸送のバスを待つ長い行列ができた。
三軒茶屋駅利用者は「(学校間に合いそう)もう始まってますよ。遅刻です」、「(電車に)乗ろうとしたんだけど止まってたんで、バスに乗ってきました」、「歩いて帰るか、バス並んで帰るか、迷ってます」などと話した。
およそ3時間後に運転は再開されたが、このトラブルで、通勤客らおよそ14万人の足に影響が出た。
東急電鉄は、停電の原因をくわしく調べている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース