通勤大打撃 東急停電で混乱

10/20 00:22
またもや、朝の通勤・通学の足が大混乱。14万人に影響が出た。
19日午後9時すぎの東急田園都市線・三軒茶屋駅。
駅利用者は、「会社に行って、お客さんのところに行くときに、もう時間が間に合わなかったですね。相当大変でしたね」と話した。
暗がりの中で響く、駅員の声。
通勤時間帯の午前9時すぎ、東京・世田谷区の東急田園都市線・三軒茶屋駅で突然、停電が発生。
東京と神奈川県を結ぶ東急田園都市線と、東急大井町線が、一時全線で運転を見合わせるなど、およそ14万人に影響が出た。
駅利用者は、「どうしようかなと思って、会社に行くので」、「もう遅れてます、30分」などと話した。
スマートフォンを懸命に操作する人たち。
代わりの交通手段を調べているのか。
外では、12月並みという季節外れの寒さの中、振り替え輸送のバスを待つ長い行列が。
振り替え輸送のバスを待つ人は、「1時間並んでます。めっちゃ寒いです。(職場の人は何か?)とりあえず急いで」、「もう間に合わないから、きょうは欠席だな。(カルチャースクール)1レッスン3,000円の講座をフイにしました」、「川越まで行くんです。仲間との待ち合わせがあるんですが、全然間に合いません」などと話した。
停電による電車のトラブル。
首都圏では9月、JR管内で大規模な停電が発生し、およそ4万人に影響が出たほか、東京モノレールでも停電で運転がストップするなど、トラブルが相次いでいる。
東急電鉄によると、今回の停電は、三軒茶屋駅構内の電気系統がショートし、駅施設への電気供給が絶たれたため起きたという。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース