トヨタなど「アルミ製品の安全性確認」

10/20 04:44
神戸製鋼所のデータ改ざん問題で、トヨタなど自動車大手各社は、車に使っていたアルミ製品の安全性を確認したと発表した。
トヨタは、神戸製鋼所の問題のアルミ製品を、一部の車両のボンネットやバックドアなどに使っていたが、過去3年間のデータをもとに、強度や耐久性を検証したところ、関連する法令や社内基準を満たしていることを確認した。
鉄など、アルミ製品以外の安全性は、引き続き調査している。
また、ホンダ、マツダ、日産、スバルの各社は、問題のアルミ製品をボンネットなどに使用していたが、直接、神戸製鋼所から仕入れたものについては、安全性に問題がないことを明らかにした。
各社とも、部品メーカーからの購入分は、引き続き調査している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース