日産無資格者検査で...「格付け影響見直す可能性」

10/20 23:00
「格付けへの影響を見直す」可能性に言及。
アメリカの格付け会社「スタンダード&プアーズ」は、資格を持っていない従業員が完成車を検査していたことが判明し、国内向け車両の出荷停止を発表した日産自動車について、「リコール費用を含めた収益へのマイナス影響は、現時点で数百億円に収まり、格付けに直ちに影響しない」との見解を発表した。
ただ、「販売台数や対策費用、原因解明、再発防止策の展開を確認する必要がある」としたうえ、「出荷再開の遅れや、国内外での大幅な販売台数減の可能性が高まったり、リスク管理体制や、内部ガバナンスに深刻な欠陥があると判断した場合は、格付けへの影響を見直す可能性がある」という。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース