「北」外務省高官「米との対話はある」

10/24 05:04
ロシアを訪問している北朝鮮外務省の高官は23日、サンクトペテルブルクの大学で、非公開の講演を行い、「アメリカとの対話はある」などと話していたことがわかった。
北朝鮮外務省の崔善姫(チェ・ソンヒ)北米局長は、サンクトペテルブルク大学で、学生に向けた講演を行い、核・ミサイル開発などについて、北朝鮮の立場を説明した。
講演の中で、崔局長は、対立が続くアメリカとの関係について、対話はあると話していたという。
講演に参加した学生は「米朝に対話はないと思われているが、実際にはあると(崔局長は)話していた」と話した。
「対話」が、具体的にどのようなものかは、明らかになっていない。
崔局長は先週、モスクワで行われた国際会議の場では、アメリカと接触はしないと話していた。
崔局長の講演は、存在自体、一部の学生以外には知らされず、参加した学生に、録音や写真撮影を禁止するなど、徹底した情報管理のもと行われていた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース