辻元・笠両氏 分裂した民進党の再結集否定

10/24 10:45
立憲民主党の辻元政調会長と、希望の党の笠衆院議員は23日、BSフジの「プライムニュース」に出演し、総選挙前に分裂した民進党の再結集について、ともに否定した。
辻元氏は「数だけ合わせて、何か受け皿を作ろうというのは、失敗も多々重ねてきている」と述べた。
笠氏は「また野党が一緒になるのではないかとか、もう一度、合流するだとか、そういうことばかり。わたしは、それは本当にないと思う」と述べた。
総選挙前に民進党から分裂した、立憲民主党の辻元政調会長と、希望の党の立ち上げメンバーの1人である笠議員は、ともに両党の合流を否定し、当面、それぞれの政党で、国民の支持を広げる必要があるとの認識を明らかにした。
民進党の再結集論は、選挙戦のさなかに、民進党参院議員の一部議員から言及があったが、選挙戦の中で、憲法改正や安全保障政策で違う訴えをしたことや、いわゆる「排除」を受けた議員らが、立憲民主党を立ち上げた経緯などもあり、両党とも、連携には否定的な考え。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース