神戸製鋼工場 国交省立ち入り検査

10/24 12:27
神戸製鋼所の検査データ改ざん問題で、国土交通省は、国産初のジェット旅客機「MRJ」に使われているアルミ製品を出荷した、三重県にある工場の立ち入り検査を行っている。
立ち入り検査が行われているのは、三重・いなべ市の神戸製鋼大安工場。
国土交通省は、データが改ざんされたアルミ製品が、三菱航空機が開発中の国産初のジェット旅客機MRJに使われていることから、安全性への影響の確認が必要と判断し、23日から検査を行っている。
三菱航空機は、製品の強度や耐久性に問題はないとしているが、国交省は、神戸製鋼から報告のあったデータの正確性の検証に加え、再発防止策などの検討状況を確認することにしている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース