民進、両院議員総会開催へ 前原氏「早い方が」

10/24 21:59
民進党は、分裂後も党に残される形となった参議院側の議員総会を開き、出席した議員から、前原代表による説明を求める声が相次いだのを受け、週内にも両院議員総会が開かれることになった。
民進党の蓮舫参院議員は、「今の代表でいいのかどうかも含めて、代表がおられるところで、みんなで議論したい」と述べた。
民進党の桜井参院議員は、「代表一任でお願いして、ああいう形になったのは、絶対に失敗だった。今後、代表一任はあり得ないと思う」と述べた。
24日、国会内で開かれた民進党の参院議員総会で、小川参院会長は、23日に前原代表と会談し、自発的辞任を促したことと、参院議員全員で希望の党に合流するとの方針を、前原氏が撤回したことを報告した。
出席議員からは、「前原代表が直接説明すべきだ」といった意見が相次ぎ、代表の責任論に言及する声も噴出した。
総会を受けて、小川会長は、前原代表と民進党本部で会談し、党の今後について協議する両院議員総会を、週内にも開催することを確認した。
前原代表は「(両院議員総会開く?)もちろん。(今週中?)できれば早い方がいい」と述べた。
一方、立憲民主党は、結成後初の両院議員総会を開き、枝野代表は、「永田町の数合わせの権力ゲームとは距離を置く」と述べ、自らが主導しての他党との合流などには、慎重な姿勢を示した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース