ZOZO「送料自由」 平均は96円

10/26 01:05
利用者が送料を自由に設定。4割の人が0円を選択した。
東北の玄関口・福島県が1位、いにしえの都・奈良県は最下位。
24日に発表されたランキング。
それが、都道府県別平均送料ランキング。
ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」で、10月1日から行われている実験。
顧客が自由に設定できる送料に対し、実際に支払われた都道府県別の平均金額。
平均送料が最も高かったのは、111.73円の福島県。
次いで、111.08円の岩手県。
そして3位に青森と、東北地方が上位を占めた。
今回の実験では、商品購入時の送料を、0円から3,000円の間で、顧客がその時の気持ちで、自由に決められる。
送料が0円に設定された割合は、43%。
平均は96円だった
57%の人が、支払わなくてもよい送料を支払ったことになるが、なぜなのか。
沖縄出身の人は「またがなきゃいけないから、海を。仕方がないかなって」、栃木出身の人は「かさばるものだったら、少し高めにするかもしれないです」と話した。
そして、今回の実験で支払われた平均額が最も少なかったのは、86.5円で、奈良県。
次いで、大阪の88.68円と、支払金額の少ない5県全てが、関西圏という結果になった。
大阪では、「タダでもいいんですか? それならタダにすると思います」、「商人の町のイメージがあるから、安ければ安い方がいいと思う」などといった声が聞かれた。
地域で差が出る形となった、今回の実験。
ZOZOTOWNは、利用傾向の分析は現時点では差し控えるとしている。 (関西テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース