商工中金 不正4,600件超 2度目の業務改善命令

10/26 01:12
不正行為は4,600件以上。「商工中金」に、2度目の業務改善命令。
世耕経産相は「解体的な出直しをすることが、必要不可欠であります」と述べた。
政府系金融機関「商工中金」の不正融資問題で、経済産業省は、5月に続き、2度目の業務改善命令を出した。
商工中金では、中小企業を支援する「危機対応融資」制度をめぐり、審査書類改ざんなどの不正行為が100店のうち97店で行われ、不正融資の総額は、2,646億円にのぼっている。
商工中金の安達健祐社長は「多大なるご迷惑とご心配をおかけしていること、あらためて心よりおわび申し上げます」と述べた。
商工中金は、旧経営陣の報酬返納を求めるとともに、経産省元事務次官の安達社長の報酬をゼロにするなど、職員およそ800人の処分を発表した。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース