25日のNY株式市場 反落して取引終了

10/26 09:01
25日のニューヨーク株式市場は、反落して取引を終えた。
25日は、序盤から売りが先行。
前の日に過去最高値を更新したことを受け、利益確定の売りがあったほか、航空宇宙機器のボーイングが大幅安となり、下げを主導した。
また、アメリカの長期金利の指標となる10年債利回りが一時、およそ7カ月ぶりの高水準まで急激に上昇し、景気への影響を懸念する見方が広がった。
結局、ダウ工業株30種平均は、前の日の終値に比べて、112ドル30セント安い、2万3,329ドル46セントで取引を終えた。
ナスダック総合指数は、34.54ポイント下げて、6,563.89だった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース