立憲民主が維新「排除」と批判

10/26 13:50
日本維新の会の遠藤国対委員長は25日、立憲民主党が開催を呼びかけた野党国対委員長会談に招かれなかったとして、「排除の論理だ」と批判した。
日本維新の会の遠藤国対委員長は「わが党には全く連絡はなかった。何も聞かずに声もかけないのは、『排除の論』だ。(小池氏と)同じことをしているのでは」と述べた。
遠藤氏は、維新の会が野党国対委員長会談に呼ばれなかったことについて、「野党筆頭の責任はどうなのか」と、立憲民主党の対応を批判した。
そのうえで、「野党でもそれぞれ立ち位置、考え方が違う。同じでないとダメだというのは『排除の論理』だ」と、強い不快感を示した。
立憲民主党は、今回の衆議院選挙直前に、希望の党の小池代表の「排除の論理」に反発して結成されただけに、今後の国会対応で、維新の会を「排除」するのかどうか、注目される。
結局、この日の野党国対委員長会談は開かれなかった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース