「希望」共同代表 大島 敦氏で最終調整

10/26 16:27
希望の党は、11月1日から始まる特別国会を目前に、暫定的な共同代表に大島 敦元民進党幹事長を充てる方向で、最終調整を進めていることが明らかになった。
希望の党は、25日の両院議員懇談会で、樽床代表代行と大島元民進党幹事長に一任した共同代表の人事について、大島氏が当面の共同代表に就任することで最終調整していることがわかった。
また、幹事長には、階元民進党政調会長の就任が、有力視されている。
この執行部は暫定的なもので、代表選挙の規約などを改定したうえで、年内に正式な代表選挙を実施する予定で、玉木元民進党幹事長代理を推す声が強まっている。
ただし、党内には、27日の両院議員総会に合わせて、「正式な代表選挙を実施すべきだ」との声もあり、情勢は流動的。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース