神鋼の一部製品、JIS取り消し

10/26 20:21
神戸製鋼所のグループ会社の工場が、JIS(日本工業規格)認証を取り消された。
神戸製鋼所の川崎会長兼社長は「あらためて、深くおわび申し上げます。本当に申し訳ありません」と謝罪した。
神戸製鋼は、銅製品を製造する神奈川・秦野市のグループ会社の工場が、安全性を示すJISの認証を取り消されたことを明らかにした。
神戸製鋼は、JIS規格外の製品のデータを改ざんしたためと説明していて、製品のおよそ4割が出荷できなくなる。
また神戸製鋼は、機械事業部門などで、新たに4件の不正が確認され、新設の外部調査委員会が調査することを発表している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース