退位・即位円滑に...準備委設置検討

10/27 07:16
政府は、天皇陛下の退位と、皇太子さまの新天皇への即位が円滑に行われるよう、準備委員会を設置する検討に入った。
天皇陛下の退位は、2018年12月末か、2019年3月末で検討されるとともに、2019年の1月1日、または4月1日に、皇太子さまの即位と同時に改元する案の検討が進められている。
これに関連し、政府は、天皇陛下の退位などの日程が固まったのち、手続きが円滑に行われるように新たな検討委員会を設置し、退位や新天皇の即位に関する儀式のあり方を調整していく検討に入った。
政府は、即位の日程などについては、12月に皇室会議を開いて正式決定する方針。
新しい元号は、国民生活への影響を考え、2018年の夏ごろまでには公表されるとみられる。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース