トランプ大統領 オピオイド乱用に非常事態宣言

10/27 16:03
アメリカのトランプ大統領は26日、鎮痛剤として処方される麻薬「オピオイド」の過剰摂取で死者が急増している問題で、非常事態を宣言し、対策を指示した。
トランプ大統領は「国家の恥であり、悲劇だ。子どもたちとこの国のために、われわれはできる限りのことを行わなければならない」と述べた。
ホワイトハウスで「非常事態」を宣言したトランプ大統領は、「オピオイド」の乱用を防ぐ措置を企業に求めるとともに、特に問題のある製品を、市場から締め出す考えを示した。
「オピオイド」は、ケシに含まれる成分を使った麻薬で、痛みなどを解消するために摂取した結果、依存症に陥るケースが多発し、アメリカ政府によると、2016年だけで6万4,000人が死亡するなど、社会問題化している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース