「首相指名」結局誰に? 複雑な党内事情も...

10/27 18:15
希望の党は、非公開の両院議員懇談会が続いている状況で、首相指名候補や役員人事などについて、議論が交わされている。
懇談会では、共同代表は置かず、首相指名選挙で、渡辺 周元防衛副大臣に投票し、幹事長兼政調会長に大島元民進党幹事長、国会対策委員長に笠元民進党幹事長代理を充てる案が示された。
執行部人事をめぐっては、当初、大島氏を代表選挙までの暫定的な共同代表とする案で調整が行われていたが、総会で、代表選挙を行うべきとの意見が根強く、27日の段階で共同代表は置かず、首相指名候補を別に決める方向に切り替えた。
その首相指名候補については、古川元国家戦略担当相とする案が浮上したものの、最終的には、渡辺 周氏とする案が示されたが、会の中では、大島氏にすべきだとの異論が出ているということで、立ち上げメンバーと、民進党からの移籍組などが混在する、複雑な党内事情も垣間見える。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース