与党の質疑時間増やすよう指示

10/27 23:32
国会での与党の質疑時間を増やすよう指示した。
安倍首相は27日、自民党の萩生田幹事長代行と会談し、国会で与党の若手議員の質問回数が少ないと指摘されていることについて、野党に審議時間を譲っていることが、国民の理解を得られていないため、国会のあり方を変えるべきとの認識を示した。
そのうえで、安倍首相は、与党の質疑時間配分を増やす努力を進めるよう指示した。
こうした中、自民党は、野党が質疑時間の配分変更に応じれば、野党側が求めている所信表明演説や、各党の代表質問の実施を可能にするよう、特別国会の会期を長めに設定することも検討している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース