米山新知事「安全確保なきイエスはない」

10/28 16:00
地元から、厳しい条件が突きつけられている。

東電HD・小早川社長「柏崎刈羽原発の再稼働は、当社の経営安定だけでなく、国のエネルギーセキュリティー、さらにはCO2対策の観点からも必要と考えている」
新潟・米山知事「『これで安全だ』ということが確保されない限り、再稼働に対してもイエスと言うつもりは全くない」

東京電力ホールディングスの小早川社長は、柏崎刈羽原発6・7号機が、原子力規制委員会の安全審査に事実上合格してから初めて、新潟県を訪れ、米山知事らと会談した。
小早川社長は「安全最優先で取り組む」としたうえで、地元の理解が前提としながらも、初めて再稼働に言及したが、米山知事は、規制委員会が認めた適格性について「抽象的」と指摘し、県としては、客観的な事実に基づき、検証を続ける考えを示した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース