ボジョレ・ヌーボーが到着

10/28 19:00
秋の風物詩「ボジョレ・ヌーボー」の第1便が、11月の解禁を前に、羽田空港に到着した。
フランス・ボジョレ地区で作られるワインの新酒、「ボジョレ・ヌーボー」の2017年の初荷は、28日午前6時半ごろ、羽田空港に到着した。
2017年のボジョレ地区は、夏、記録的に気温が高く、乾燥していたことから、ブドウの果実は小さく凝縮されたものとなり、非常に質の高いワインが出来あがったという。
サントリーワインインターナショナル・新村 聡輸入ブランド部長は、「黒い果実の香りがあふれ出し、長い余韻が楽しめる、芳醇(ほうじゅん)な味わいが特徴です」と話した。
ボジョレ・ヌーボーは、11月16日午前0時に解禁される。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース