みずほ 約1万9,000人の人員削減を検討

10/28 20:11
1万9,000人の削減を検討。
大手金融グループのみずほフィナンシャルグループが、およそ1万9,000人の人員削減を検討していることがわかった。
第一勧業銀行や、富士銀行、日本興業銀行などが経営統合し、2000年に発足したみずほフィナンシャルグループの人員は、現在およそ6万人だが、超低金利で収益が伸び悩む中、10年ほどかけて自然減などで適正な規模にしていく方針。
全国およそ800の店舗網も見直すほか、みずほ銀行とみずほ信託銀行、みずほ証券の事務部門も集約する方向で検討している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース