警視庁SP訓練 トランプ大統領を警護せよ

10/30 12:10
アメリカのトランプ大統領が、11月5日から日本を訪問します。来日中、何者かに襲撃されたら? そんな最悪の事態を想定して、警視庁は極秘の訓練を重ねています。FNNが密着取材しました。

大統領に、拳銃を持った男が襲いかかろうとしたという想定で行われた訓練。
素早く男を取り押さえるとともに、大統領を車に乗せて保護するのは、警視庁警備部の要人警護のスペシャリスト「SP」。
この訓練は、トランプ大統領の来日に備えて、警護の手順を確認するために行われた。
訓練では、大統領専用車と一定の距離を保ちながら警察車両を走らせたり、大統領の車列を妨害する車両が現れた際の対応なども確認された。
警視庁警備部・小坂和弘警護課長は、「来るトランプ大統領一行、来日警護警備においても、その成果が十分発揮できるよう、万全な警護を発揮していただきたく期待しております」と話した。
警視庁は、トランプ大統領来日に備え、過去最大規模の1万人以上の態勢で、警備にあたる方針。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース